2016年07月31日

「ポケモンGO」とIngressを両方プレイして分かったこと

ITmedia Mobile 2016年7月31日掲載


7月30日に掲載されたコラム「ポケモンGO」の恩恵を受けた意外な人たち」の続きです。

Ingressには、ポータルキーやガーディアンメダル、COMMなんかがあって、維持している誰かのガーディアンポータルを監視したり、COMMでだれかを直接煽ったりなんてことができちゃいます。
「家ぽ」なんていって、自宅からレンジインするポータルは自分の所有物のように思えたりもします。
だから攻撃する人が憎くなったりと、憎悪が湧きやすい側面もあります。
地元に根ざしやすいだけあって、人間のいざこざも起こりやすいです

それを踏まえてか、ポケモンGOのなんとあっさりしたことか!

それでも、共通している問題点なんかもありますね。
お子さんがいるご家庭は注意していただきたいと思います。

それにしても。
ポケモンGOで起きた問題は、社会問題として報道されやすいこともあっていろんな公共機関が動いてくれますが、Ingressは相変わらずないですねぇ(苦笑)

posted by すずまり at 00:00| コラム